中古バイクについて

ダイニング01マイカーを自動車買取に出された人も多いでしょうが、自動車が買い取られる流れについて説明してみましょう。
自動車はオートオークションと呼ばれる、自動車の市場(いちば)で取引が行われ、ここではセリによる買い付けが行われており、方法は違うにせよイメージとしては野菜や果物とさほど変わりはないです。
まず、一般ユーザーが自動車を買取り店に出すと、売却後に大抵の場合オークションに出品し、売却するでしょう。
大手の買取り専門店の場合、買取り完了となると、自社の在庫としてデータベース化して、全国各地における支店から、オーダーを待ちます。
一定期間経過した在庫は、オークションに流され、売却されます。
自社で販売すれば、小売りによる利益が出て、オークションとなれば、セリによる利益を得るという仕組みです。
買取りの言う行為が仕入れとなっているのです。
利は元にありと言う言葉がありますが、まさしく買取りを安く果たすのが彼らの儲けを大きくすることになるでしょう。
ただ、良いものはそれを求めるユーザーに高く売るというノウハウも持っているため、人気パーツやオプションの搭載は高く評価をします。

ただ、相手の言う通りではなく、それらの利点を上手く利用して交渉し、高く売却することが良いのでしょう。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。