中古バイクについて

}PgžxQ車査定では年式や走行距離、各部の状況を総合的に判断して査定額が決められますが、コンディションの中には事故歴の有無も関係してきます。事故歴があると査定額が大幅に下がってしまうため、基本的な価値が低い車の場合には査定額が付かないこともありますし、取り扱いを拒否されるケースもあります。特にディーラー系の中古車販売店では事故歴のある車は販売しませんので、査定額が付くだけましと言う考え方をする必要があります。事故歴とは正確に言えば修復歴と呼ばれていますが、事故の形跡がある車は修復歴車として扱われます。修復歴の基準は共通したものとなっていますが、基本骨格に損傷がある場合、または損傷を修復した形跡のある車両を指します。基本骨格とは車体の中でも強度を確保するために重要なフレームを指しますので、基本骨格まで損傷が及んだ車両は大幅な減額の対象となるのです。車の基本骨格は鉄で構成されていますが、鉄は事故前の状態に戻すことは可能ですが強度までは戻すことができない性質があります。そのため修復歴があると正常な状態では走行できないケースが出てくるため、査定額が下がってしまうのです。キシミや歪み、異音が出たり真っ直ぐ走らないなど修復歴車にはデメリットが多いため、査定額が安くなるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。